中野エリアの事情

東京都中野区といえば、ほぼ新宿と言ってしまっていい程、存在感という面ではあまりインパクトのない地域です。大規模なエリアの隣に隣接している区になるため、それほどポテンシャルが無いわけではありませんが、残念なことに印象が薄くなってしまっていることが現実です。中野区と同様に西には杉並区がありますが、こちらも同じような立ち居地です。一応、念を押しておくと、新宿まで10分で行ける地域ですので、決して悪くはない地域であることは言うまでもありません。では、何がそもそも大きく違うのか?それは、風俗ビジネスが成立する地域か否かの差が大きいといえるでしょう。つまり、店舗型風俗店はあまり存在しておらず、キャバクラやガールズバーが多く存在している傾向が強いのです。この理由は非常に分かりやすく2つの意味合いがあります。1つは、新宿という大規模なエリアが近場に隣接してしまっている為、あえて中野でビジネスをする意味がないというところです。2つ目は、人が住むことが中心の地域であるという理由です。エリアこそ違いがありますが、実質的に広い意味での生活圏としてのベースは新宿です。つまり、その為にアクセス利便性の良い地域として成立しているのが中野区なのです。ですので、人が多いイメージは非所に強く、様々なシーンのビジネスが割りと成功してしまいそう印象を持ってしまう場合が多いハズです。ことあるごとに『新宿に行けば…』が合言葉になってしまっているでしょう。風俗店に関しても、生活観のある地域故の事情もあるのかラブホテルや風俗店というもの自体が成立しないものがあります。デリヘルであっても結局は車で30分県内で収まる近隣エリアの影響力が絶大すぎて成立しないこともしばしばです。非風俗ジャンルの方が活躍の場があるのか、メンズエステなどは多く存在しているでしょう。交通アクセス面も悪くはありませんが、面積が大きく南北にエリアが広がっているので、中野駅程度しか活気がある地域がないこともパッとしない理由でしょう。風俗の求人自体がないということではありませんが、東京都内のこの地域で働こうとする人はあまりいないのではないでしょうか。むしろ、風俗で働く女性で、中野に住居を構えている人は非常に多いハズです。