高知エリアの事情

高知県というと、坂本竜馬、よさこい祭り、カツオのタタキ、高知城などが思い浮かぶと思います。観光地としては面白そうな感じがしますね。では、高知県の風俗街はというとどうでしょうか。高知市の堺町が有名だと思います。ソープランドやファッションヘルス店が軒を連ねています。また、歓楽街と呼ばれているのは追手筋や、帯屋町・廿代町のアーケード商店街をいいます。ここへは、「はりまや橋駅」を利用します。このはりまや橋駅を南に行くと「堺町」があり、ここが高知県唯一の風俗街となります。ソープやファッションヘルスのような箱ヘル店もありますが、デリヘル店も多く、求人も豊富です。堺町のヘルス店の料金は、だいたい30分からで8,000円前後、50分で10,000円程度という、格安で遊ぶことができます。全体の相場もこのくらいでしょう。出張や旅行で訪れたときに、気軽に遊ぶことができそうです。また、ソープに関しては、条例が年々厳しくなっているようで、昔に比べると店舗数も減少しているのは間違いないようです。堺町のソープは、営業が許可されている地域ですので、なくなることなく引き続き楽しめます。とはいえ、求人を探している女性にとっては何かあって店がなくならないかと、不安点のひとつであるかもしれません。一方デリヘルについては、求人サイトを見ても、盛り上がっているように感じられます。デリヘルは店舗を構える必要がありませんので、条例などに引っかかることもなく、営業は続けられます。ですが、女の子を派遣してもらうのに高知市内に住んでいないお客さんにとっては、交通費が高くついてしまうことが懸念されます。ラブホテル街も近くにありますが、満室になっていたりと必ずしも使い勝手がいいとは言い切れませんので注意が必要です。ソープ、デリヘル以外に、ピンサロやセクキャバのお店もありますが、実際営業している店舗は数店で、期待して行くと残念な思いをするかもしれません。