神奈川エリアの事情

神奈川県の風俗街というと、川崎の堀ノ内、南町、横浜の曙町、福富町などが挙げられます。川崎はソープ街で有名ですし、横浜はヘルス街として栄えています。そして黄金町から日の出町の「ちょんの間」などにもありましたが、今では摘発されて減ってきているようです。ラブホテルに関しては、風俗が多い地域、横浜をはじめ、川崎や厚木、など各地にまんべんなく存在しており、無店舗型風俗店を利用するには「とても便利です。横浜の曙町は、多くの飲み屋やキャバクラなどが盛んで、客引きなどが多く、目的が違う人は歩きにくい街かもしれません。中国、韓国、台湾などアジア系の移民が多く、異国感を味わえるような場所でもあります。なかなか怪しい雰囲気も醸し出しているので、ぼったくられないようにしましょう(笑)曙町はいわゆる「箱型」のファッションヘルスが多く、ビル一棟が全部ヘルス店なんていうビルもあります。「曙町=ファッションヘルス街」という式が成り立つほど昔から有名かつ、人気があるようです。しかし、ファッションヘルスは神奈川の条例で、性風俗関連特殊営業の2号営業にあたり、残念ながら最近は、新規で店をオープンすることができなくなっています。関内エリアにもラブホは多く、飲み屋街、キャバクラなどもたくさんあります。福富町はソープ店が軒を連ねており、風俗の歴史も長いようです。駅からは多少距離があるので、人もまばらな印象を受けます。ただ、ネオンはいかにも「ソープ」ですので、わかりやすいかと思います。また、神奈川でも川崎のソープ街について触れないわけにはいかないですよね。前述の通り、堀ノ内、南町が有名ですが、地方から出稼ぎ求人にやってくる女性たちで賑わっています。堀ノ内もソープの新規店出店は認められておらず、昔から営業している店などは設備も古くなっているなど、現状は厳しい状態のようです。近年デリヘル店も増えてきており、堀ノ内のラブホの稼動も盛んとなっているようです。ソープのほかに、デリヘルの求人も増えてきているようで、風俗の求人を探している女性にはうれしいのではないでしょうか。