東京エリアの事情

首都圏東京都は日本でもNo.1の人口を誇る大都市です。実際に居住者数だけではなく近隣の県から往来する人の数も含めると非常に多くの人々が行き交うことでしょう。そんな東京は人の数に比例するように風俗の需要も多く存在しています。地方などでは利用者も店舗数も風俗で働く女性の数もそれなりにしか存在しないものですが、数が少なくても問題なくやっていける規模感であるはずです。しかし、東京都もなると多くの人々の生活圏は東京の都心へと集中してしまいます。すると、自然と普通に営業しているだけの風俗店であっても予想以上の利用者が殺到するということもあるのです。とはいっても、新宿・池袋・渋谷・上野などの主要地域がほとんどであり、点在するその他の一般的な駅周辺ではそれほど反響がないのも現実です。そもそもどこの地域にも風俗店が存在しているものでもありませんので、人の行き来が多い街に風俗店も集中して出店しています。求人まわりの状況を考えると常に女性は必要であり多いに超したことはないでしょう。とはいえ、あまりにも人気となるお店ともなると、需要に対して供給(女性キャスト)が多すぎて氏名が来ないなんてこともあるかもしれません。また、路面店となるファッションヘルス等であればまだ良いですが、派遣型のデリヘルともなると全てはウェブ上の露出度に依存していしまうことになってきます。ただでさえ風俗店の多い東京で目立たなくてもお客さんが来るかといわれれば「NO」です。消費者の動きは分かりやすく大都市であっても地方であっても基本的に目立ってなんぼでありお客さんとなる男性に見つけてもらわなければ何も始まりません。ですから、条件の良い求人があったとしても歩合制となるようなデリヘルでは働くだけ損をしてしまうかもしれません。逆に利用者が殺到するような、ホテヘル・ピンサロといったお店となると、案外ルーティンで働く機会が多く収入の面でも良い結果を得られるでしょう。高収入な風俗業界であっても働ける時間は有限ですので、経験を詰んでいる女性はどんどん良い条件・待遇のお店を選んでいった方が良いかもしれません。働く街1つ選び間違えるだけでも大きく影響してきますので難しいところかもしれません。