まともに働いていると謳えない

風俗で働いている人で自分の職業を堂々と言える人はどのくらいいるのでしょうか。人によっては、風俗の仕事を誇りを持ってやっている、という人も多いと思います。ですが、このご時勢、なかなか「私は風俗嬢です」とは言えないものですよね。身近にいる家族や恋人、友人にも隠さなければいけないなんてことも。そして、たとえば転職をして、履歴書を書かなければならない時、風俗求人の仕事は100%書くことはできないです。風俗は残念ながら職業としての経歴とはなりません。このように風俗で働くことは世間から見ると、デメリットしかないように感じますよね。求人サイトを見ると、日々たくさんの求人であふれています。ある程度の容姿であれば働くことが可能です。とはいえ、需要があるから供給があり成り立っているものです。求人を探す人には人それぞれ理由があると思いますので、決して辞めろとは言える立場ではありませんが、ある程度お金を稼いだら、若い今のうちだけ、とか期限・期間を決めてスパッと卒業することを目標にしてくださいね。もちろんこの仕事をがんばると決めたのであれば応援したいです。デメリットばかりではありませんよね。エッチに関してのテクニックは上達しますし、男性を喜ばせることができるのはメリットです。その道のプロであるとかそんなことは人に言わなくてもいいですし、コミュニケーション能力がつくのもメリットだと思います。お金も貯まるので人よりもリッチな生活が送れますし、一般職よりも時間に融通が利くので、自分の時間も増えますし、良いこともたくさんありますよ。このように求人には良いことも悪いこともあるかもしれません。すでに求人を見つけて働く決心がついているのならがんばってみましょう。そして一番注意したいのは、ダラダラとこの世界にいないことです。目標を立てて、達成したら卒業する、これを意識するようにしてくださいね。