身バレ対策で重要なポイント

風俗で働いている人は「身バレ」をすることに気を遣っていることと思います。なんでも話せる関係であれば身バレ対策は不必要ですが、できたら風俗で働いていることを家族や友人にバレないようにしたいと思っている人は多いと思います。ではどうしたらバレずに風俗で働くことができるのでしょうか。「身バレ」対策にはどんなことがあるのか、探ってみたいと思います。まず重要なのは、「地元で働かない」ことです。友人・知人が多い人は地元から離れる方法が一番です。「○○さんが風俗街にいた」なんて噂を立てられないためにも離れた場所で求人を探すのが無難です。そして、店舗型よりも無店舗型の風俗の方がベターです。今流行の「出稼ぎ」もオススメです。次に、風俗で働くと、急に稼ぎがよくなって、お金の消費が激しくなるのも注意が必要です。普段ブランド品に興味がなかったのに、急に高級ブランド品を身に着けていたりすると、どんな仕事をしているのか?と関心を持たれてしまいます。質素にとは言いませんが、急激に派手な生活になることのないように気を付けたいですね。また、お店側でも身バレ対策は可能です。求人サイトによく「身バレ対策OK」のような表記を見かけると思いますが、主に掲載されるページ(ホームページや求人サイト)の顔写真にぼかしをかけてもらうことです。求人ではパッと見たら誰だかわからないようにしてくれます。または、お店のモニターでお客さんの顔を確認できたり(店舗型の場合)、派遣される場所でNGを出すことができます。知り合いのいそうな場所を断ることが可能です。また、大掛かりですが、架空のアリバイ会社を設置している店も多いです。名刺や給与明細、源泉徴収票など、そのアリバイ会社から発行してもらうことができたりします(※公的書類とはなりません)。「何の仕事をしているの?」と聞かれた時に会社名を言うことができますね(それ以上は詳しくは言えないかもしれませんが)。求人を探す際は、うまく求人サイトを利用して身バレ対策に取り組むようにしてくださいね。