風俗業はアルバイトなの?

一般的な会社員の仕事は1日の7~8時間拘束され、週5日間フルで働きます。風俗に関しては会社員とは違って、勤務日・勤務時間など自分の自由に設定して、働けます。これが風俗のメリットの一つであると思います。会社員は1ヶ月で稼げる収入はある程度決まっているのに対し、風俗業は長く待機していれば仕事も増えるでしょうし、お給料の幅があるのも大きな特徴です。そうなると「アルバイト」という位置づけになると思うのです。風俗の求人は常にあります。この業界人手不足だと言われているくらいですので、よほどのことがない限り求人に応募し、働くことができるでしょう。入りやすいですが、辞めるのも簡単というのがバイトの位置づけになります。普通の会社員ではそれは絶対不可能です。自分の信用もなくしますし、簡単にやってはいけないことです。風俗業界でバイト以外で働こうと思うと、女性の場合は求人はなかなかないかもしれません。男性であれば、店の店長やカメラマン、webのスタッフ、ドライバーなど、求人にも職種にも幅が広がります。最初はバイト採用でも、働きぶりなどで正社員になれる可能性もあるものです。その場合は、風俗店への就職ということになります。また、正社員とバイトの違いではもう一つ大きなものがあります。それは「納税」です。会社員は収入から税金を自動的に引かれ納税されますが、バイトの場合は自分で確定申告をして翌年に自分で納税します。風俗で働く女の子は自分が個人事業主になりますので、自分で税金を納める必要があります。これは国民の義務になりますので、金額を誤魔化したりせずに、きちんと国民の義務をまっとうするようにしましょう。バレたときにペナルティを課せられますのでやめた方がいいです。求人サイトを見るとたくさんの仕事があふれています。アルバイトや副業として働きたい女性はこの求人サイトを活用して良いお店に出会い、良いお仕事ができるといいですね。