顔出しして働くメリット

風俗で働く人が心配されるのが、知り合いに働いていることがバレたくない、ということじゃないでしょうか。風俗の求人サイトには自分の顔が掲載されます。もちろん写真の加工をすることも可能ですが、顔を隠して出すのと隠さないで出すのには、やはり収入に影響が出てくるんじゃないか、と思われますよね。ここでは顔を出して得られるメリットを考えてみましょう。求人サイトや、風俗店のホームページに顔が出るということは、インターネットで世界中に自分の顔を晒しているということになります。自分は「広告」になるわけです。人の目に触れることが多ければ多いほど、お客さんの指名に繋がり、おそらく顔出ししない風俗嬢より収入は良いはずです。自分の存在が知られているか知られていないかで大きく違います。当然、稼ぎたい女の子は求人サイトへ顔出しをする方が稼げます。お客さんはホームページを見て指名してきます。顔がわかる子とわからない子でしたらどちらを指名すると思いますか?言わずもがな‥ですよね。稼ぎたいのであれば「顔出し」は必須です。風俗店側も、顔出しOKの子は求人サイトやホームページも大々的に宣伝してくれますし、集客力もアップし万々歳ということになります。顔出しすることで雑誌の取材やメディアからも注目され、「マスコミ手当」というボーナスまでもらえるんですよ。求人広告にもマスコミ手当については載っているのを見たことがあるかも知れません。ここまではメリットについてでしたが、デメリットについても触れておくと、顔出しをすることで知人や家族へバレてしまう恐れがあります。嫌だという人はその辺の対策は自分で立てる必要がありますね。バレたくない時は、風俗店へ写真の加工をお願いすればやってもらえます。顔を出して稼ぐか、顔バレを防ぐために顔を伏せるか。いずれにしてもメリット・デメリットを把握した上で、ホームページや求人サイトにも掲載するようにしましょう。