風俗業界で問題が山積みな出稼ぎ

出稼ぎは現在の風俗業界で流行していますが、何も国内だけが出稼ぎではないのです。と言うのも、外国から日本へ出稼ぎに来る娼婦が多く、これは出稼ぎが国内で流行する前より少し問題となっていたことです。主にアジア圏の海外から日本に向けて出稼ぎに来る女性が多く、母国に住む家族を養うために娘が日本に働きに出ているという事が多いのだ。もちろん出稼ぎと言っても風俗で働かずに一般企業に勤める外国人女性もいますが、中にはナイトレジャーで働く外国人女性も多いのです。風俗で働く女性も多く、あるエリアの界隈ではある国籍を専門とした風俗店もある程です。日本人利用客も日本人女性以外の女性の身体を楽しみたい、体験してみたいと思う方は多く需要はあるものの、風営法改定を行われる前は出稼ぎに着ていた外国人の間で売春が横行していた事件がありました。その印象があまりにも強かったしなのか、現在でも出稼ぎで日本の風俗店で働く外国人は標的の対象とされており、ますます取締が厳しくなっています。当然、現代では売春行為は違法でご法度ですがそうでもしないと十分に仕送りを送れないと考えている外国人も少なくないです。しかし、ここまで出稼ぎに来る方が多いのには理由があります。アジア圏の母国よりも日本で働いたほうが稼げるので、仕送りをするには十分稼げるのです。また国際結婚を目論む方も多く、永住権を目的に出稼ぎに来る外国人もいるほどです。特に出稼ぎに来る外国人がナイトレジャーで働く理由は男女交流が盛んなためです。ようは出会いを求めてもいるのです。スナックやパブを利用する男性客は独り身の方が多く、年齢も高いことからある程度年収を稼いでいる方が多く、出稼ぎ外国人すれば十分な年収に値します。簡単に言うとお金をくれる男性客を探しているということです。国際交流が豊かになった現代ですが、こういった問題も孕んでいると思うとなかなか考えものですよね。現代でも海外からの出稼ぎは多いようです。これらの背景があるために「出稼ぎ」という言葉に少し後ろめたさを感じてしまうのは仕方がないことでしょう。また、一昔前の日本でも貧困層の方が出稼ぎで日本国内を飛び回っていた時代がありましたので、出稼ぎは貧困者のイメージも少なからずあると思います。少しずつではありますが、出稼ぎ風俗店が多くなってきた事によりそのイメージを払拭されていると思いますが、まだまだ先は長いかもしれません。出稼ぎ風俗店が今後も繁栄していけばそのイメージはひっくり返るかもしれません。