出稼ぎが風俗業界の流行りになるまで

流行というものはいつ何時に起こるのか予測できないものですが、流行るきっかけは何にでも有りそれが一般化、王道化する事もあります。ここでは風俗業界についてお話をさせて頂ければと思います。風俗業界で一昔前ではデリヘルが流行りました。無店舗型でありつつも男性利用客へ性的なサービスを提供できる開店のしやすさや、利用客側では店舗に赴くことなく近場のラブホテル、または自宅で風俗体験が出来ますのでその手軽さからデリヘルは風俗界の一世を風靡しました。現在ではその手軽さからデリヘルは王道化しており、現在の風俗業界では当たり前の業種になっています。これと同じように現在では出稼ぎ系の風俗店が流行りだしており、20~30代の女性に人気が出ています。出稼ぎに関しては利用客の人気が沸騰しているのではなく、働き手である女性からの人気が高いようなのです。その理由としては風俗業界で最も働き手である女性が懸念している身バレを可能な限り確率を下げることが出来るからです。0%になる事はありませんが、出稼先を考慮すれば限りなく0%近い確率まで下げることが出来るのです。また風俗店を探すユーザーは「○○ 風俗」等で○○はエリアを絞って検索する傾向にありますので自身と全く縁も円もないエリアで働けば自分を知っている人に検索される事はなくなります。これらの理由により人気が出てきているのですが、それ以外でも理由はあります。出稼ぎ店は独自の待遇を打ち出している店舗が多く、入店祝い金等を支給する店舗がほとんどで入店するだけでもある程度稼げてしまうのも人気の一つです。出稼ぎ体制を整えていな風俗店でも最近ではちらほらと入店祝い金等の待遇を始めた風俗店を見かけますが、まだその待遇は完全に浸透していないようでまだ一部にしか見受けられていません。出稼ぎ店の場合ではこの待遇が当たり前になってきているので、その待遇目当てに出稼ぎに来る女性も多いようです。また出稼ぎは風俗店で働く以外に観光地であれば出稼ぎ期間終了後に少し観光をして帰ることが出来ます。旅行好きな方であれば寧ろ出稼ぎ風俗店で稼いだお金は旅行資金に当てているのではないでしょうか。出稼ぎを募集している風俗店を検索してみるとやはり観光スポットに近いエリアで営業している店舗が多く、特に九州や四国、近畿が活発に求人応募しているように感じます。出稼ぎが流行した理由として大きくこの3つが挙げられますが、出稼ぎのメリットはまだまだありそうです。