風俗で働く人の生活リズム

風俗嬢にもいろいろなタイプがいて、風俗嬢一本でがんばっている子、本職があって空き時間で働いている子、主婦で暇な昼間に働いている、などあると思います。逆に風俗は、時間の融通が利きますので、働きやすいと言えるのではないでしょうか。風俗の求人を見てもどの店舗も特に制限はなく、自由が利くのが風俗で働くメリットの一つと言えます。インターネット上にはたくさんの求人があり、働く女性にとっては引く手あまたの世界です。では、実際の生活リズムについて、現風俗嬢のYさんに聞いてみました。Yさんは某求人サイトで見つけた店舗で働いています。主に夕方から深夜の勤務で家に帰って来るのは始発頃の時間帯。毎日くたくたでベッドへ倒れ込みお昼すぎくらいまで寝るそうです。完全に夜型の生活ですね。昼間にどこかへでかけることもないので、「日光を浴びたい」といいます。食事についても不規則で、待機中に夜中に食べることもしばしば。だいたいコンビニで済ませることが多いので、健康面でも心配ですね。お休みの日も夜型は変わらず、食事に行って飲んだりすると、帰宅は深夜。結局朝も遅くなり、なかなか夜型は変わりそうにない、そうです。昼間勤務にする気はないのかと尋ねると、やはり、昼間はお客さんが少なく、待機時間ばかりが増えてしまうので効率があまり良くないとか。確かに、同じ時間待機していても、稼ぎに差が出てしまうのであれば、深夜勤務で働こうと思うのは当然ですね。では、昼間の時間帯に働いている主婦のK子さんの生活パターンを見てみましょう。旦那さんを仕事へ、子供を学校へ行かせて家事も終わり、一段落。昼間の空いている時間を利用して人妻専門のデリヘルを求人サイトで見つけました。11時~16時に出勤しています。週3回、大体4~5万円を稼ぐことができます。普通のパートなどとは違い、短時間で高収入が得られるということで、K子さんはこの仕事を楽しんでいるようです。現在人妻デリヘルの求人は人気があり、店側もたくさん客を当ててくれるそうです。このように生活リズムを崩さないように稼ぐ方法はありますので、求人サイトを利用して上手にやりくりをして稼ぐようにしたいですね。