もしトラブルが起こったら

風俗で働いているとトラブルになることがない、とは100%言えないものです。お客さんとのトラブル、お店とのトラブルなど、前もってどんなことが多く起こり得るか、知っておくと対応がしやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。まず一番起こる可能性のあるのが、「本番交渉」です。風俗嬢がかなりの確率で遭遇する「本番してもいい?」というセリフ。お店から禁止だと言われているにも関わらず、できたらラッキーくらいに思っているお客さんもたくさんいます。その時は笑顔で丁寧に断れば、ほとんど諦める場合が多いですが、まれに「○万円で」とか「先っちょだけ」など交渉してくることもあります。お客さんですので、無下に断ると、その場の雰囲気も悪くなり、仕事がやりづらくなってしまいますので、丁重にお断りをするようにしましょう。それでも引き下がらないようでしたら、お店にすぐに連絡しましょう。店のスタッフがその場に出てくると大抵は引き下がります。風俗店や求人サイトにはしっかりと「本番は禁止」と謳っていますので、これ以上揉めるようでしたら、警察へ連絡すると言えば間違いなく諦めます。たまに風俗嬢に恋をしてしまい、ストーカーになってしまう、なんてこともあります。ストーカー被害は社会問題にもなっており、深刻なものです。風俗嬢にもありえますので気を付けましょう。そのためには、個人情報をやたらと話したり、身分証明書なども見られないように気を付けたり、住んでいる場所なども話したりしないように。もしお客さんにひつこく聞かれるようなことがあれば、同じようにお店に相談しましょう。そしてそのお客さんはNG対応などしてもらえます。また、風俗の求人で起こるトラブルについてもお話しておきます。求人サイトにはお店の条件などが細かく掲載されています。求人サイトは広告費を出して掲載しています。あまり条件が良すぎるのも危険です。70%~80%のバック率だったり、「入店祝い金○万円」など、実際もらえるには条件があります。求人に載っている通りとはいきませんので、必ず確認をしてから働き始めるようにしましょう。また、求人サイトの口コミなども100%信用しないように。トラブルは起こる前に起こさない!気を付けましょうね。