面接で受かるためにはどうするか

風俗で働くためにはまず求人の面接を受けなければなりません。インターネットや風俗の求人サイトを見て応募することになる流れですが、応募は、電話、メール、ネットの応募フォームからすることになります。最近はLINEなどでの応募もあるようです。風俗店とやり取りをして面接を受けに行きます。身だしなみや格好は気を付けるに越したことはありませんが、普段以上の化粧や露出の多い洋服などを着る必要はありません。普段通りの格好でOKです。清潔感、おしゃれ感など好印象を与えられるようなものであれば大丈夫です。面接に必要なものは、身分証明書のみです。履歴書は必要ないことが多いです。年齢確認が必ず行われますので、身分証明書は持参しましょう。求人の面接は、風俗のジャンルにもよりますが、ソープやヘルスなど店舗型の風俗店であればお店の中で行われるでしょう。デリヘルなどの無店舗型であれば、ビルやマンションに事務所があったりしますので、そこで行われます。いずれも求人面接前にお店に確認するようにしましょう。では面接で聞かれることは、どんなことでしょうか。○どのくらい働けるか(週○日、月○万円くらいなど)、風俗の経験の有無、本業があるか、いつから働くかなどです。いずれも受け答えははっきりとしましょう。自分の希望や条件などもきちんと整理をしておいて、お店に伝えるようにしましょう。顔出しOKか、結婚しているか、子供はいるか、自分ができるプレイ、できないプレイ、など、これらは正直に伝えるようにしましょう。求人面接に受かるために無理をしないことです。面接で落とされることは、よっぽどのことがない限りありません。自分がそのお店とマッチしているかどうかを確認して、先へ進むようにしたいですね。採用が決まったら、体験入店をするかどうか、ということになりますが、体験入店はすることをオススメします。お店の雰囲気やどんなお客さんが来るのかなど経験してみないとわからないものです。体入でもきちんとお給料はもらえますので心配なく。求人面接で成功するためにがんばってください。