風俗嬢の税金はどうなっている?

風俗の求人を探しています。求人情報を見ていてふと思ったのですが、風俗嬢の税金はどうなっているのでしょうか。人によっては月収○十万も稼ぐことができる仕事です。しかも求人サイトの通り日払いでお給料がもらえるため自分がいくら稼いでいるのかもわからなくなってしまっているものです。日本に住んでいる以上税金を納めるのは義務です。求人の面接の時に聞く予定ですが、バレなければいいや~という考えは甘いようです。黙っていると、国税局に目を付けられ、脱税としているとみなされ罰金や処罰を受けることにあり得ます。風俗嬢でも、確定申告は必ずしなければならないのです。風俗嬢は会社員や公務員、アルバイトでもありませんので、フリーランスとなります。それぞれが個人事業主という扱いです。風俗店側は税金に関しては一切何もしてくれません。そうなると、自分で収入を計算して、確定申告をする、そして翌年に税金を支払わなければなりません。収入から仕事にかかった経費を差し引くことで税金を抑えることができます。経費というのは、たとえばエステ、ネイルなど美容院代、下着や衣装代、職場を行き来する交通費、仕事で使う備品代(ローションやボディソープなど)などをいいます。これらは必ずレシートを取っておくようにしましょう。また、所得を証明するためには、帳簿をつけるようにしましょう。これは重要なことです。給与明細などはお店からはもらえませんので、この帳簿だけが証明になります。これらを適当にすると調査が行われたときに指摘をされることがあります。そうすると追加で課税されることにもなり兼ねませんので気を付けましょう。申告をしていないことが税務署にバレるのは、風俗店が源泉徴収税を国へしている場合です。給料から引かれているものがあれば、それで名前がバレてしまうということです。確定申告に関して、全然わからない、という場合は、求人サイトのコラムなどを見るか、税理士さんに相談するのも手だと思います。その際でもやはり経費としてかかったレシートなどは自分で用意することになりますので、きちんと管理をするようにしましょう。税金については求人サイトにも掲載されていますので参考にしてください。