出稼ぎ店が何故デリヘルで商売するのか

デリバリーヘルス(デリヘル)の利点はホテル等のプレイルームであれば電話一本で手軽に呼べて女の子を派遣することが出来る、風俗店の中でも便利な要素は大きく、店舗に向かう必要が無いので無駄な労力をかけずに風俗を楽しむことが出来るのです。一般的な風俗店の場合はその場に行かなければ利用することが出来ないですが、デリヘルの利点は移動しなくても呼べる、という要素が非常に評価されたので全国的にも広まっていったのではないかと推測されます。風俗業界でも流行りや廃れがあり、今現在では出稼ぎブームが来ていると風俗業界の中で言われています。出稼ぎとはそもそもあまりいいイメージではなく、借金が返せない女性が旅館等の温泉街に出稼ぎに出されて、観光客に体を売って借金を返していたという話があります。私自身も出稼ぎ、と聞けばあまりいいイメージは無く、どちらかと言えばかなり程度の低い仕事という認識でした。しかし、その出稼ぎは今では全く印象が違います。これも世代のギャップなのかもしれませんが、現代の出稼ぎは短期集中で大金を稼げる風俗の一種として捉えられていることが多く、若い女の子に人気で出稼ぎでデリヘルで働く方が多いようです。特に女子大生の方の出稼ぎ希望が多いようで長期休みの夏季、冬季でまとめて稼いでいく女性からの応募が多いようです。また業種はデリヘルが多く、店舗型の風俗店への応募より多いそうです。女子大生が出稼ぎでデリヘルを選ぶ理由は、学費や遊ぶお金を貯めておきたいからという理由が一番多く、今回が最初で最後の風俗体験とする女性も多いことから、致し方なしに出稼ぎに来ている感じは否めませんでした。しかし、少なからずデリヘルに興味を持って働きに来る女性もいるようでエッチなことにも興味がある女の子は多いようです。またデリヘルという業種が選ばれる理由も自分のプレイした部屋には長時間居たくないような意見もあります。興醒めする、のかは定かではないですがこういう業界ですので常に新しい場所に移動する等の息抜きをしていかないと気が持たないのかもしれません。ですので出稼ぎではデリヘルがよく選ばれているようです。これはあくまで私個人の感想ですが、男性利用客からしたら出稼ぎでデリヘルを選んでくれる女子大生の方が多い事は嬉しいですよね。しかし、何で一般的な仕事ではなくて風俗業界、ましてや出稼ぎでデリヘルなんでしょうか。またよく聞くのが「最初で最後」といいますが風俗業界で得られる対価を知ってしまったら一般企業で働いた時に得られる給与と比較したらどちらが稼げるかは一目瞭然です。身体が商品になるので何かを負う可能性はありますが、それでも気にしない女性であればまず、最初で最後なんて言えないかと思います。出稼ぎでデリヘルを選ぶのは良いですが、そもそも論として風俗で働く場合は金銭感覚の狂いに注意していただきたいです。
『出稼ぎ デリヘル』情報サイト