風俗店で働くデメリット

風俗でのお仕事は一般的なお仕事とは違い特殊なものです。良い面も悪い面もあるのが風俗です。まぁこの世の中メリットだけの仕事などは存在しないのですが。求人サイトを見る前に、また働く前にデメリットの先に理解しておくとしますか。高収入だと求人には書いてありますが、良いことばかりではない!ということを頭に入れておいてください。まずデメリットその①「金銭感覚が狂う」風俗のお仕事は1日に○万も稼ぐことができてしまう職業です。1週間で一般OLの月給分くらい稼ぐことができてしまうくらいです。そんな感じで月何十万という収入があると、お金の使い方が当然派手になりますし、卒業した時に、もう普通の仕事はやってられない、ということになり兼ねません。実際そういう子は数多くいますので気を付けましょう。その②「職業を聞かれて答えられない」これもよくあることです。友達や合コンなどで、何をしているのか聞かれることありますよね。風俗で働いている、とはなかなか言えません。職業欄に何と書くか悩んでしまう人多いです。堂々と言えないことがデメリットですね。その③「身バレの心配」思わず友人が遊びに来てしまう、ホテル街を歩いていて偶然会ってしまう、など、ないとは言い切れませんね。ホームページや求人サイトでは顔にモザイクをかけてもらうようにしましょう。その④「性病になる可能性がある」風俗のお仕事ですから、一般の人よりもリスクが高いのは当然です。店が対策を取っていることもありますので求人サイトなどで確認し、自分でしっかり予防(消毒・検査)するようにしましょう。その⑤「生活が不規則になる」働く時間は大体夕方~夜です。昼間の求人もなくはないですが、夜の方が稼げます。朝と夜が逆転してしまうことは普通にあり得ます。体にはよくありません。その⑥「体力的につらい」慣れるまでは大変な仕事です。なかでもソープは肉体労働といっても過言ではありません。高収入を稼げますが体力的にもキツイことを覚えておいてください。またまだデメリットはありますが、これらを認識した上に、求人を探すようにしてください。

関連記事 - こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!