高級店と激安店の待遇

風俗業界には「高級店」と「激安店」があります。高級店と激安店の間に大衆店というのもありますが、大衆店は一般的なお店ということで、今回は上か下で話を進めていきたいと思います。求人も豊富なデリヘルを例に挙げてみたいと思いますが、高級店は高級デリヘルという名で分類されます。激安店と何が違うのかというと、まずは「女性のレベル」じゃないでしょうか。高級デリヘルでは呼んだ女の子はほぼハズレがない、と言われています。プレイそのものももちろんですが、ルックスやプレイ前後の作法なども一流で、やはり1回5万円以上出すだけありますよね。お客さんが大変満足してホテルを後にする、と聞きます。風俗の高級店と激安店の求人についても、高級店は誰もが働けるというわけではなく、容姿端麗でないと面接の段階で振り落とされてしまったり、求人に応募しても面接にも行けない、なんてことはザラだそうです。一方激安店は、風俗業界自体が人手不足と言われていますので、求人は引く手あまた。女の子のレベルなど問題視されない、そんな感じです。そして常に求人募集は行われてます。激安店は大体60分1万円前後の相場で、女の子の手取りは6千円~7千円となり、1日5人相手にして約3万円以上。週5日勤務でも15万程度になります。風俗嬢は一般的なOLさんと比べると高給取りですが、体力的にも決して楽ではなく、続けて行くうちに病んできてしまう風俗嬢も少なくありません。求人サイトなどでお店選びは慎重に行った方がよさそうです。高級店については、女の子の質が重要になり、誰でも高級デリ嬢になれるわけではありません。現役AV嬢やモデルの卵など、レベルがグンと上がります。待遇はというと、1回2時間と長い奉仕なので、1日に2人程度の相手をして日給10万以上が見込まれます。高級デリヘルでもランクがあり、最高級クラスだと、日給15万以上も稼げます。週1日、2日で月収100万以上も夢ではありません。驚きですね。これは順調な場合と付け加えておきますが、これだけ稼ぐのは簡単なことではないことをお忘れなく。風俗嬢はそれ相応の苦労は間違いなくあるハズです。