風俗業界で仕事を探す理由

世の中の風俗で働いている女性は何人くらいいるのだろう?と思い、風俗嬢の数を調べてみました。お店の数:約1万店舗×1店舗に在籍している女性:平均30人=約30万人、ということでした。日本の人口1億3千万の半分が女性で、7千万人となると、約210人に1人の割合で風俗嬢がいる、ということになります。意外と多いのか、それしかいないのか、人によって感じ方は違うでしょう。この数字は大変大雑把であくまで参考程度と考えていただきたいです。インターネットでは、求人サイトも山のように出てきます。ではこの業界で働いている女性になぜ風俗で働いているのかアンケートを実施したところ、年代にもよりますが、多くの答えが①貯金をするため、②生活費を稼ぐため、③借金の返済、などの意見が上位を占めました。10代~20代前半では「興味本位」「学費を稼ぐ」などの意見で、仕事自体をあまり重くとらえていないような印象を受けました。もっと大人の年代だと、生活費のため、貯金をしたい、借金がある、など、現実的な理由があり働いている、という感じです。ではなぜこの業界で求人を探すのかというと、一般的な昼間の仕事1ヶ月分のお給料が、たった2~3日で稼げてしまうから、という意見が多かったです。海外旅行に行きたい、ブランド品が欲しい、などの欲求も短時間で叶ってしまうのが風俗なのです。また、求人サイトも豊富で、「地域、風俗」で情報が山のように出てきます。この業界は不況知らずですね。嬢の入れ替えも激しいため、常に求人情報は生きています。需要と供給のバランスが良いため、不況知らずなところはあると思います。求人の探し方については、サイトが更新されている(女の子の追加や、出勤情報など)店舗は優良と言えそうです。問い合わせに即時に応えてくれるなど、対応が丁寧での早いところは信用しても良いかもしれません。数多くある求人の中でも自分にあったお店が見つけることが高収入への近道になりそうですね。